【婚姻要件具備証明書‐発行国一覧】国際結婚で一番大切な書類です。

婚姻要件具備証明書発行国一覧

婚姻具備証明書とは簡単に言うと

『彼もしくは彼女は結婚することができますよ』

ということを証明した文書です。
国に発行してもらう正式な証明書です。

国際結婚をするうえで、もっとも大切な書類です。

婚姻要件具備証明書発行国一覧-あいうえお順-

アジア

大韓民国、中国、日本、インドネシア、シンガポール、スリランカ、タイ、フィリピン、ベトナム、マレーシア、モンゴル

北米

アメリカ合衆国、カナダ

ヨーロッパ

アイルランド、イギリス、イタリア、ウクライナ、エストニア、オーストリア、オランダ、スイス、スウェーデン、スペイン、スロバキア、チェコ、デンマーク、ドイツ、ノルウェー、ハンガリー、フィンランド、フランス、ブルガリア、ベルギー、ポーランド、ポルトガル、モルドバ、ルーマニア、ロシア

大洋州

オーストラリア、トンガ、ニュージーランド

中南米

ウルグアイ、エクアドル、エルサルバドル、キューバ、コロンビア、ジャマイカ、ニカラグア、バハマ、パラグアイ、ブラジル、ボリビア、メキシコ

中東

アフガニスタン、イスラエル、イラン、エジプト、サウジアラビア、トルコ

アフリカ

ウガンダ、エジプト、ガーナ、ガボン、カメルーン、コンゴ、ザイール、ジンバブエ、セネガル、チェニジア、モロッコ

発行国でも、発行されないときがある

婚姻要件具備証明書の発行国であっても、何らかの理由によりその発行が受けられない場合があります。

例えば在日韓国・朝鮮籍の人達です。
自分たちの本国が本人たちの身分関係を把握していないことがあります。
その時は婚姻要件具備証明書などが発行されません。 

婚姻具備証明書が発行されないときは、申述書など他の書類をもって証明書とします。

お相手の国で婚姻要件具備証明書を発行していないなら

日本では「戸籍制度」というシステムをとっています。
戸籍の謄本を見れば既婚者か未婚者か すぐにわかるという便利なシステムです。

しかしそのような公文書が制度的にない国もあります。
その場合はそれに代わるものが婚姻要件具備証明書の代わりとなります。

例えば宣誓書、婚姻証明書、 申述書、公証人証書などです。

婚姻要件具備証明書が発行されていない国の方と結婚する場合は、
役所に問い合わせて“何があれば結婚を受理してもらえるか?”を確認してください。

外国人ビザ取得:行政書士事務所ネクストライフ

相談無料!
外国人在留ビザの申請・更新・手続き、その他外国人ビザに関するご相談、何でもお問い合わせください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です