最近あった事例(入管のお役人も「人」ですから・・・)

最近、ちょっとむりだったかなぁ・・・というビザ(技術・人文知識・国際業務)が下りたので、
申請先の 東京出入国在留管理局 立川出張所に行ってきました。

通知ハガキは行政書士事務所ネクストライフに到着したのですが、
在留カード・パスポートは申請者が持っており、
立川出張所でお互い待ち合わせして新しい在留カードを受け取ろう!と言うことになり、
日時を併せて立川出張所に伺った次第です。

まさかの「帰ってください!」

待ち合わせ時間前に到着し、
しばらくしてから申請人が到着したので
「では受付番号をとって在留カードを受け取りましょう!」
ということで順番を待っていると、すぐに自分たちの順番が!

通知ハガキと在留カード、パスポートそれに手数料納付書を提出してところ

「申請受付票は?」

という回答があり
パスポートにホッチキスで止めてあるはずだよ!というお話なので
確認したところどこにもありません。

申請人がバックの中を探してもありません。
そして申請人が受付の担当者に言った一言、、、

「以前資格外活動許可の手続きの時に、担当者が持って行った」

その一言を聞いて担当者が

「我我がそんなことをすることはありません。心外です。」
「提出されたものを全部お返ししますので、ご自宅に帰って探してください。」

一瞬「なにごと?」と分からなかったのですが、
結局「本日は受けません。見つけてきてださい。」ということです。

私としては正直、、、
「これは参ったな、今週は立川に来れないな」
という気持ち
どうしよう、どうしよう、、、と思っていましたが、
受付の方が申請人の言葉で怒ってのは明白で
「ご自宅に帰って探してください」と言っている以上受けてくれないだろうと判断し、
申請人に対して

「ここは一旦戻りましょう。」

とお話し、受付担当者の方には

「探してきますね」

とお話してその場をいったん去りました。

その後申請者を外に待たせて
また受付担当者の下へ行き

「今から申請者宅へ行って申請受付票を探してきます。
でもあんな感じだとおそらくないと思います。
もしない場合本日16時までに来所できれば受けてもらえますか?」

とお話したところ
「わかりました。その時はこの受付番号もって私のところに来てください。」

とおっしゃっていただき
受付番号をくれました。
受付番号は「16時まで」しか発行しておらず、
16時以降は受付番号をもらうことはできないのですが、
その時間までに受付番号を取得していれば16時以降も受付・処理はしてくれます。

なので受付番号を持っている限り
16時を過ぎても受付・処理はしてくれるわけです(あまりにも遅く来所するのはどうかと思いますが・・・)


ということで
申請人に

「本日中に全部終わらせましょう。申請受付票を自宅に行って探して、無かったら立川出張所に16時までに戻ります。」
「受付票が無いことを、入管のせいにされて担当者が怒ったんでしょうね・・・でも起きてしまったことは仕方がないからとりあえずご自宅に行きましょう。」

すると申請人は

「私は嘘はついていない。本当のことを言っただけ。私は悪くないし、なんで探さないといけないの??」

まぁ・・・
どちらの言っていることも証拠なんてありません。
人だからケアレスミスなんてあります。

ですけど・・・
今回の手続きの目的は
「留学から技術・人文知識・国際業務へ変更し日本企業に就職することですよね?」
ということ申請人にお話し

「両者どちらも悪くないですよ。お互い言い分はあるでしょう。ただ証拠もないですし、このままだ今日中に在留カードをもらえないのは間違いないですよね。」
「その上であなたはどうしますか??」

とお話すると
申請者は

「OK。探しに行きましょう。」

と探しに行くことを決め
私の運転で申請者の自宅へ。

道中も「私は紛失していない、ウソは言えな」と何度も繰り返していましたが、
とにかくなだめて、

ただ
「入管のせいにするのも証拠もないわけだし良くないよね」とお話をし、
申請人宅に到着、探してもらって、やっぱりないよね、となり
急いで立川出張所に戻ります。

何とか新しい在留カードを発行してもらい、
そのおかげで申請にのご機嫌も良くなり、
ただ11時から17時までこのことだけで時間が潰れてしまい
この件は終了しました。

まぁ、「一回、自宅に帰って探して下さい」というのも、
正直ちょっと酷かなぁ、、、とも思います。

来所期間を見て2週間くらいあるのを確認してから
上記のように申請人に話をしていましたが、、、
正直このレベルの話で「手続きを受け付けない、帰って探しなさい」
とそこまで言うような権限あるの?
と言いたいところですが・・・・

いや、
特に言いたくもなかったかな。
おたがいカッカしるからしょうがねぇなぁ、くらいですね。
だって、このレベルの言い合いで勝敗つけてもしょうがないじゃないですか。

どっちかが譲るしかないというか、何というか、
「入管職員は、そんなことしないよ、今度からは保管には注意してね」
と言える人もいるし、
「私、なくしてしまったかも!ごめんなさい、以降気をつけます!」
と言える人もいます。

今回は双方その真逆で
更にどちらも気分悪くしておりまして、、、

それでも、
受付担当者の方に提案したら、受付番号くれるやさしさもありますし、
申請人も1時間かけて自宅に行って探してくれたし(1時間運転したのは私ですが、、)


上記からわかる通り、
申請受付票はとても大切。

最近は特にうるさくなってきた感があります。
ですから、
手続きで申請書を受けてもらってからも
気を抜かずしっかり保管しましょう。



この日は
事務所に帰宅してから仲間に連絡して
行きつけの小料理屋でちびりちびりしました。

外国人ビザ取得:行政書士事務所ネクストライフ

相談無料!
外国人在留ビザの申請・更新・手続き、その他外国人ビザに関するご相談、何でもお問い合わせください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です